RINC 株式会社自然産業研究所
事業紹介

先進的林業機械緊急実証・普及事業(平成24年度補正 林野庁補助事業)

事業概要

日本の人工林は成熟段階を迎え、国産材の生産・活用のさらなる促進が求められています。持続的に森林を利用し循環させる林業は、わが国の地域経済・社会の基盤であるとともに、環境保全の点でも重要な基盤となっています。しかし、林業の現場では地域の実情に応じた機械化が十分にできておらず、施業の生産性や採算性が低い状況にあります。同時に、機械化の低迷は、作業安全向上の観点からも課題となっています。

本事業では、これらの課題を解決するために、林業事業体が林業機械メーカー等と連携・協力し、地域の実情に応じた事業規模ベースでの機械及び作業システムの実証を行います。

なお本事業は、平成24年度補正林野庁補助事業 先進的林業機械緊急実証・普及事業にもとづき実施します。

ページトップ